「リモート図書館」実験 市内3カ所に書架と机設置 別府市、利用者のデータを分析 /大分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
別府市が設置した「リモート図書館」の一つ
別府市が設置した「リモート図書館」の一つ

 図書館の新設を計画中の別府市は、コロナ禍の経験を生かした「リモート図書館」の社会実験を始めた。2月19日まで市内3カ所(市役所、JR別府駅、トキハ別府店)に書架と机のコーナーを作り、利用してもらう。

 3カ所にはそれぞれ約40冊の図書館の本を置き、4人分の机と椅子を並べた。AIを使ったカメラによる無人監視を通じて利用者の属性、滞在時間、利用率の高い時間…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文444文字)

あわせて読みたい

注目の特集