リュウキュウアサギマダラ、羽寄せ合い集団越冬 奄美大島 /鹿児島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
集まって寒さに耐えるリュウキュウアサギマダラ
集まって寒さに耐えるリュウキュウアサギマダラ

 鹿児島県・奄美大島の海岸沿いの林の中で、チョウの一種、リュウキュウアサギマダラが集団で越冬している。羽を寄せ合って枯れ枝などにぶら下がり、じっと寒さに耐えている。

 奄美群島以南に生息し、羽を広げると約10センチの大きさになる。茶色の羽に薄い水色のまだら模様が特徴だ。越冬は3月ごろまで続くという。

 気温が15度を下回ると、風が当たらない…

この記事は有料記事です。

残り46文字(全文215文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集