特集

バイデン政権2021

第46代米大統領となったバイデン氏。分断された国内や不安定化する国際情勢にどう対応するのでしょうか。

特集一覧

核のボタンは? 新閣僚承認は? トランプ氏協力拒否で遅れた異例の政権移行劇

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
宣誓する米国のジョー・バイデン新大統領(左端)。隣は妻ジルさん=ワシントンの連邦議会議事堂前で2021年1月20日、AP
宣誓する米国のジョー・バイデン新大統領(左端)。隣は妻ジルさん=ワシントンの連邦議会議事堂前で2021年1月20日、AP

 米民主党のバイデン政権が20日、発足した。共和党のトランプ前大統領が円滑な政権移行に協力しなかったこともあり、新政権は政策遂行に空白や混乱が生じないよう対応を迫られた。

 通常、次期政権は大統領選直後に移行チームを結成し、政策課題の把握や人事選考を進める。だがトランプ政権は当初、バイデン氏側への協力を拒否。移行チームに政府施設の利用を許可せず、政府職員との接触も認めなかった。

 大統領選結果を巡る党派対立や、米上院の残り2議席をめぐる南部ジョージア州の決選投票(5日)の影響で、新政権の閣僚候補の承認手続きも遅れた。外交・安全保障などに関わる…

この記事は有料記事です。

残り797文字(全文1069文字)

【バイデン政権2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集