特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
米製薬大手ファイザー製ワクチンの接種の様子=スペイン・マドリードで(ゲッティ共同)
米製薬大手ファイザー製ワクチンの接種の様子=スペイン・マドリードで(ゲッティ共同)

 新型コロナウイルス感染症のワクチンを巡り、政府の調達計画の当初想定に狂いが生じ、対応に追われている。政府は英米3社から供給を受ける方針だが、うち英アストラゼネカ社と米モデルナ社のワクチンは治験の遅れなどから国内での実用化は早くて春以降にずれ込む見通し。このため政府は、20日に締結した米ファイザー社との契約で、調達量を2400万回分増やした。政府は「ギリギリ確保できる」(厚生労働省幹部)として接種計画に遅れはないとするが、当面は「ファイザー頼み」で接種を進めることになる。

 政府は20日、ファイザーと「年内に1億4400万回分」の供給を受けることで最終合意した。これを受けて、菅義偉首相は21日の参院本会議の答弁で「全体として3億1000万回分を確保できる見込みだ」と強調した。1人2回接種するので、日本の人口を上回る計算にはなる。

 政府が昨年7月にファイザーと基本合意した際は「2021年6月末までに1億2000万回分」の供給を受けるとの内容だった。それが、最終合意では時期を「年内」、供給量については「1億4400万回分」に修正された。複数の政府関係者は、…

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文1186文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集