若き大関にまたも先輩の壁 照ノ富士が相四つ対決制す 大相撲初場所12日目

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
朝乃山(右)を寄り切りで破る照ノ富士=東京・両国国技館で2021年1月21日、小川昌宏撮影
朝乃山(右)を寄り切りで破る照ノ富士=東京・両国国技館で2021年1月21日、小川昌宏撮影

 大相撲初場所12日目は21日、東京・両国国技館で行われ、関脇・照ノ富士は大関・朝乃山を破って4場所連続の幕内勝ち越しを決めた。

 朝乃山に過去3場所全勝の照ノ富士が、またも若き大関の壁となって立ちはだかった。右の相四つ、新旧大関対決。勝敗を分けたのは、元大関の先輩として見せた意地だった。

 小細工なしの立ち合い、先に右を深く差した照ノ富士。右のかいなを返し、相手に上手を許さない。「そんなに深く考えていない」と語るが、長年稽古(けいこ)で鍛えた成果を体が勝手に発揮した。互いの荒い息づかいが客席まで…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文624文字)

あわせて読みたい

注目の特集