釜石市新庁舎 予定地かさ上げへ 計画変更、津波浸水想定受け /岩手

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 昨年秋に公表された日本海溝・千島海溝地震の津波浸水想定を受けて、釜石市は20日、同市天神町に建設予定の新市庁舎について、土地を約1~2メートルかさ上げする計画変更案を市議会全員協議会に示した。完成時期は、予定の2023年春から同年秋に、約半年ずれ込む見込み。

 内閣府の想定を基にした市の推計では、同…

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文298文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集