「防災環境都市」も柱 基本計画の答申書 仙台市 /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 仙台市総合計画審議会は、4月から10年間の市政運営指針となる基本計画の答申書をまとめた。東日本大震災を教訓とした「防災環境都市」の形成など八つのプロジェクトが柱で、22日に郡和子市長へ提出される。

 基本計画の答申書案では「挑戦を続ける、新たな杜(もり)の都へ」を理念としている。重点的に取り組む8点の「チャレンジプロジェクト」として、減災の取り組みや持続可能性に配慮する「防災環境都市プロ…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文488文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集