バイデン氏に期待 震災後名取訪問 警備振り切り、一人一人と握手 /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
被災者と懇談するバイデン氏(中央)。左隣が高橋茂信さん=宮城県名取市で、同市提供
被災者と懇談するバイデン氏(中央)。左隣が高橋茂信さん=宮城県名取市で、同市提供

平和実現できる「本物のトモダチ」

 米国の新しい大統領に就任したジョー・バイデン氏(78)は東日本大震災から約5カ月後の2011年8月、津波による大きな被害が出た名取市を訪問した。当時交流した住民は、被災者に寄り添い、思いやる姿に感銘を受け「本当の世界のリーダーになれる」と期待を寄せている。【滝沢一誠】

 当時副大統領だったバイデン氏は、米軍が「トモダチ作戦」として復旧作業を行った仙台空港で「米国は皆さんのそばにいることを約束する」と演説。名取市内で犠牲者を悼み献花した後、仮設住宅団地を訪れた。

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文847文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集