鳥インフル対策、ひな517羽殺処分 角田の養鶏場 /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
角田市の養鶏場で殺処分の作業を進める県職員ら=宮城県提供
角田市の養鶏場で殺処分の作業を進める県職員ら=宮城県提供

 県は21日、鳥インフルエンザが発生した千葉県の農場から出荷され、角田市の養鶏場で飼育していた食用アヒルのひな517羽を殺処分したと発表した。

 角田市の養鶏場は、15日に千葉県の農場から517羽のひなを仕入れた。検査でこの農場のアヒルの陽性が確認され、宮城を含む6道府県に出荷されたひなも感染の疑いが…

この記事は有料記事です。

残り89文字(全文239文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集