南陽市議の当選無効認める判決 高裁、生活本拠なし /山形

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2020年3月に投開票された南陽市議選で、当選した市議1人の同市での居住実態がなかったとして当選無効を求めた訴訟の判決が20日、仙台高裁であった。上田哲裁判長は「生活の本拠があったとは認められない」として、当選無効を認めた。

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文362文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集