自衛消防隊100人、原町火発で訓練 地震で火災発生想定 /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
防災訓練で初期消火に当たる自衛消防隊員=福島県南相馬市の東北電力原町火力発電所で2021年1月20日、高橋秀郎撮影
防災訓練で初期消火に当たる自衛消防隊員=福島県南相馬市の東北電力原町火力発電所で2021年1月20日、高橋秀郎撮影

 南相馬市原町区の東北電力原町火力発電所は20日、総合防災訓練を実施した。社員と構内企業関係者でつくる自衛消防隊から約100人が参加し、火災の初期消火の手順などを確認した。

 訓練は年1回実施している。浜通り地方を震源とする地震が発生し、同市で震度6弱を観測、燃料油タンクより火災が発生した――との想定…

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文340文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集