「寒ざらしそば」、荘川で浸水作業 雪多く味に期待 高山 /岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
鉄製のカゴに入れられ、川の冷水に沈められる特産「荘川寒ざらしそば」=岐阜県高山市荘川町三尾河で2021年1月21日、大竹禎之撮影
鉄製のカゴに入れられ、川の冷水に沈められる特産「荘川寒ざらしそば」=岐阜県高山市荘川町三尾河で2021年1月21日、大竹禎之撮影

 高山市荘川町の特産「荘川寒ざらしそば」の浸水作業が21日、同町三尾河の荘川源流域であった。この日の最低気温は氷点下16・4度で、作業開始時は6・9度。飛驒荘川そばまつり実行委員会のメンバーら5人が、鉄製のカゴに入れたソバの実300キロ(約3000食分)を橋の上からクレーンでつるし、水温2度の川に沈めた…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文382文字)

あわせて読みたい

注目の特集