備え、コロナの今こそ 伊賀鉄で合同訓練 伊賀 /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
合同訓練で車両に放水する伊賀消防署員=三重県伊賀市の上野市駅構内で、大西康裕撮影
合同訓練で車両に放水する伊賀消防署員=三重県伊賀市の上野市駅構内で、大西康裕撮影

 運行中の列車内で起きる「異例事態」に備えた伊賀鉄道と伊賀市、伊賀署、伊賀消防署の合同訓練が21日、伊賀市上野丸之内の伊賀鉄道上野市駅構内の車庫5号線であり、4者から34人が参加した。

 伊賀鉄道の藤巻恵・鉄道営業部長は、コロナ禍の中だが「お客様の安全を守るためしっかりやろうと思った。普段と違う状態で…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文353文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集