アヒルひな300羽、鳥インフル疑い 松原で殺処分 /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 府は21日、千葉県から松原市の農場に出荷されたアヒルのひな約300羽について、高病原性鳥インフルエンザの疑いが濃厚な「疑似患畜」だったとして殺処分にした。農場内の他のアヒル約1200羽については移動の制限を要請した。

 殺処分の対象になったのは千葉県横芝光町の農場で飼育されていたひなで、20日に陽性…

この記事は有料記事です。

残り96文字(全文246文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集