「教科書に優生思想」 原告側、文部省批判 福岡地裁 /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられ、憲法が保障する幸福追求権などを侵害されたとして、共に聴覚障害のある福岡市の夫婦が国に損害賠償を求めた訴訟の第3回口頭弁論が21日、福岡地裁(立川毅裁判長)であった。

 国民優生思想の普及により、人々がすすんで国民優生政策に協力し、劣悪な遺伝病を防ぐことがのぞましい――。意見陳述で原告側の吉田純二弁護士は、1960…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集