バイデン米大統領演説 事実重んじる社会に=北米総局長・古本陽荘

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 バイデン米大統領が就任演説の中で、米国が直面する課題として名指ししたのは、「対テロ戦争」でも「大国間競争」でもなく、米社会にあふれる「偽情報」との戦いだった。1月6日の連邦議会への乱入事件で、米国の民主主義は大きく揺らいだ。この事件の背景にあったのも「大統領選で大規模な不正があった」という偽情報だった。

 事件現場の連邦議会前では、「国家を救おう」との声が拡声器から鳴り響いていた。「不正選挙で選ばれた大統領は認めない」という主張が、「自分たちで民主主義を守る」という理屈を生み出し、暴力を正当化した。ソーシャルメディアや保守系テレビ・ラジオによって、偽情報はすさまじい勢いでトランプ前大統領の支持者の間に拡散した。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文703文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集