東日本大震災

福島第1原発事故 原発事故訴訟、国の責任否定 東京高裁、仙台と判断割れる

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故に伴い、福島県から群馬県に避難した住民ら91人が国と東電に総額約4億5000万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(足立哲裁判長)は21日、国の責任を否定し、東電のみに約1億2000万円の支払いを命じた。

 1審・前橋地裁判決(2017年3月)は国と東電双方の責任を認め、計約3800万円の支払いを命じていた。国の責任が争…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集