ヤマハ「SR400」国内用生産終了 排ガス規制強化

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ヤマハ発動機「SR400」の最終モデル
ヤマハ発動機「SR400」の最終モデル

 ヤマハ発動機は、1978年に初代を発売しロングセラーを続けるバイク「SR400」の国内向け生産を終了すると発表した。排ガス規制が強化され、2022年11月以降は販売ができなくなるためで、3月に最終モデル「ファイナルエディション」を発売する。年間5000台の販売を目指す。この他、1000台限定の特別…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文377文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集