買収「夫婦で共謀」認定 公選法違反、有罪判決 案里議員「大変遺憾」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
判決前、抗議の声を上げる市民団体のメンバーら=広島市中区で2021年1月21日午後0時40分、手呂内朱梨撮影
判決前、抗議の声を上げる市民団体のメンバーら=広島市中区で2021年1月21日午後0時40分、手呂内朱梨撮影

 華やかに初当選を果たした2019年参院選から1年半。東京地裁は21日、公職選挙法違反に問われた参院議員の河井案里被告(47)が選挙買収をしていたとして有罪判決を言い渡した。「政治は神聖なもの。買収は下品」と全面無罪を主張してきた案里議員だが、判決は、国政選挙で候補者本人が地方議員に現金を配り歩いた「金権選挙」の一端を認定した。

 午後3時、東京地裁で最も広い104号法廷。黒いパンツスーツに議員バッジを付けた案里議員は、証言台の前に立った。裁判長が懲役1年4月、執行猶予5年の主文を告げても、身動きせずに前を向いていた。

この記事は有料記事です。

残り2313文字(全文2574文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集