西日本鉄道、新社長に林田浩一氏 倉富社長は会長に 若返り図り構造改革推進

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で笑顔で質問に答える西鉄の新社長に就任する林田浩一氏(手前)と倉富純男社長=福岡市博多区で2021年1月21日午後3時40分、矢頭智剛撮影
記者会見で笑顔で質問に答える西鉄の新社長に就任する林田浩一氏(手前)と倉富純男社長=福岡市博多区で2021年1月21日午後3時40分、矢頭智剛撮影

 西日本鉄道は21日、林田浩一取締役専務執行役員(55)が社長に昇格し、倉富純男社長(67)が代表権のある会長に就く人事を発表した。竹島和幸会長(72)は相談役に退く。新型コロナウイルスの感染拡大で悪化した業績の回復に向け、若返りを図り、構造改革を進める。4月1日付。

 林田氏は1988年に入社し、食品スーパー事業やホテル事業を経て2018年に取締役に就任。20年4月から専務執行役員として経営企画部やICT(情報…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文518文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集