盲導犬も一緒に救助 視覚障害者の遭難を想定、ヘリ使い訓練 島根

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
訓練でヘリコプターに遭難者役と犬をつり上げる島根県防災航空隊員ら=松江市乃木福富町の県消防学校で2021年1月21日午前11時24分、目野創撮影
訓練でヘリコプターに遭難者役と犬をつり上げる島根県防災航空隊員ら=松江市乃木福富町の県消防学校で2021年1月21日午前11時24分、目野創撮影

 盲導犬を連れた障害者を島根県防災ヘリコプターで救助する訓練が21日、松江市乃木福富町の県消防学校であった。県防災航空隊員ら約20人と盲導犬など4頭が参加した。豪雨で川が氾濫して視覚障害者が逃げ遅れたと想定し、日本盲導犬協会が協力した。

 地上ではまず、遭難者役を務める視覚障害者らに隊員が「けがはない…

この記事は有料記事です。

残り99文字(全文249文字)

あわせて読みたい

注目の特集