新潟県原発技術委「高齢」で不再任 70代委員「寝耳に水」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「技術委員会委員への再任を求めます」と書かれた紙を掲げ、記者会見した立石雅昭氏=新潟市中央区の県庁で2021年1月21日、井口彩撮影
「技術委員会委員への再任を求めます」と書かれた紙を掲げ、記者会見した立石雅昭氏=新潟市中央区の県庁で2021年1月21日、井口彩撮影

 東京電力柏崎刈羽原発の安全性を議論する技術委員会の一部委員を県が高齢を理由に交代させる問題で、不再任とされた立石雅昭・新潟大名誉教授(75)が21日、新潟県庁で記者会見した。「新しい知見が必要というだけで委員から外すのは認められない」と訴え、自身と鈴木元衛・元日本原子力研究開発機構研究主幹(71)の再任を求めた。【井口彩】

 「技術委員会委員への再任を求めます」。立石氏は、持参した筆書きの垂れ幕を後ろに掲げて記者会見した。

この記事は有料記事です。

残り979文字(全文1192文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集