バスケの街、冷めぬ愛 秋田・能代工、統合で今春校名変更 「新しい歴史築いて」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
バスケットボールがデザインされたマンホールのふた
バスケットボールがデザインされたマンホールのふた

 全国制覇計58回を誇る高校男子バスケットボールの名門・秋田県立能代工。2021年春の能代西との統合に伴い、校名が「能代科学技術」に変更されるため、惜しくも初戦で敗れた20年12月の全国高校バスケットボール選手権大会(ウインターカップ)が、「能代工」としての最後の全国の舞台となった。能代工の選手たちを支え続けたのは、地元・能代市の地域を挙げての応援だ。「バスケの街・能代」を歩き、バスケ熱を体感した。

この記事は有料記事です。

残り1907文字(全文2108文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集