検証報告書の時期未定 40年超運転原発で 県専門委 /福井

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 有識者で構成する県原子力安全専門委員会は22日、関西電力が40年超運転を目指す原発3基の安全性向上対策を議論した。杉本達治知事は40年超運転に対する地元同意の判断の前に同委員会による安全性の検証が必要だとしているが、終了後に取材に応じた鞍谷文保委員長は「報告書をいつの時点でまとめるかは現状では決まっていない」と話した。

 関電は美浜原発3号機、高浜原発1、2号機の40年超運転を目指している。しかし、昨年末までに示すとしていた使用済み核燃料の中間貯蔵施設の県外候補地を現時点でも提示できておらず、運転の見通しは不透明になっている。

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文494文字)

あわせて読みたい

注目の特集