西日本豪雨の前にも… 知ろう倉敷の災害 市が調査、HPで古文書公開 /岡山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2018年7月の西日本豪雨で甚大な被害を受けた倉敷市は、過去に地域で起こった水害や地震の関連資料を市のホームページ(HP)で公開する取り組みを進めている。市によると、災害の古文書をまとめて自治体のHPで公開するのは全国でも珍しいという。【益川量平】

 現在公開されているのは、1850年と69年の大雨で倉敷平野一帯などが浸水した水害▽54年の大地震▽84年の台風通過による高潮で水島・玉島地域に甚大な被害をもたらした水害…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文526文字)

あわせて読みたい

注目の特集