最高級車の購入 不合理と言えず 県監査委が請求却下 /山口

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県が貴賓車として購入した最高級車センチュリーが、実質は議長公用車になっているとして、元県職員、松林俊治さん(73)が、購入費用2090万円を返還するよう求めた監査請求で、県監査委は22日、請求を却下した。

 松林さんが「購入の必要はなく、実態は議長車だ」と訴えたのに対し、監査委は県にも聞き取りをした…

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文309文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集