JR四国バスがバイオ燃料導入 温暖化対策に有効 /高知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ユーグレナバイオディーゼル燃料を給油する吉良社長(左)ら=香美市土佐山田町東本町1で2021年1月18日午後0時54分、松原由佳撮影
ユーグレナバイオディーゼル燃料を給油する吉良社長(左)ら=香美市土佐山田町東本町1で2021年1月18日午後0時54分、松原由佳撮影

 JR四国バス(高松市)は、大栃線(土佐山田駅―美良布)のバスで「ユーグレナバイオディーゼル燃料」の使用を始めた。ミドリムシを活用したバイオ燃料で、地球温暖化対策に有効という。

 ミドリムシから抽出した油と使用済みの食用油が原料。ミドリムシを研究開発する「ユーグレナ」(東京都)が開発し、四国での使用は…

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文368文字)

あわせて読みたい

注目の特集