無償でも譲渡先決まらなかった衣川荘、条件アップし再公募 岩手・奧州市「手挙げて」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
無償譲渡の再公募が始まった衣川荘=岩手県奥州市提供
無償譲渡の再公募が始まった衣川荘=岩手県奥州市提供

 岩手県奥州市が、市営宿泊施設「国民宿舎サンホテル衣川(ころもがわ)荘」の譲渡先を探している。2020年5月に無償で譲渡先を募ったが決まらず、同年9月から休業していた。市は条件をアップし、20日から再公募を始めた。

 前回の公募では、不要な建物の解体・修繕に約1億5000万円かかることがネックとなったが、今回は市が譲…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文395文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集