東京の花粉飛散、昨春の1.8倍 2月中旬ごろから 都が予測

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
スギ花粉=佐藤泰則撮影
スギ花粉=佐藤泰則撮影

 東京都は、今春のスギ・ヒノキの花粉飛散の予測を発表した。都内では2月12~16日ごろに飛散が始まり、飛散量は例年の7割程度と見込んでいる。飛散量が少なかった昨春と比較すると1・8倍程度になるという。

 都花粉症対策検討委員会によると、飛散開始日は過去10年平均(2月16日ごろ)よりやや早い。地域別の…

この記事は有料記事です。

残り87文字(全文237文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集