ハンク・アーロン氏が死去 メジャー歴代2位の755本塁打

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
1974年11月、バッティングのポーズをとるハンク・アーロン選手(右)と巨人の王貞治選手=東京都内のホテルで、共同
1974年11月、バッティングのポーズをとるハンク・アーロン選手(右)と巨人の王貞治選手=東京都内のホテルで、共同

 米大リーグで1950~70年代に活躍し、歴代2位の通算755本塁打を放ったハンク・アーロンさんが22日に死去した。86歳だった。長らく所属したブレーブスが同日に発表した。

 本塁打王に4度輝き、74年に不滅といわれたベーブ・ルースの通算714本塁打を塗り替えた。2007年にバリー・ボンズに抜かれるま…

この記事は有料記事です。

残り121文字(全文271文字)

あわせて読みたい

注目の特集