ラグビーTL、選手の行動管理を厳格化 開幕延期で感染対策を強化

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
秩父宮ラグビー場=石川直人撮影
秩父宮ラグビー場=石川直人撮影

 日本ラグビー協会は23日、オンラインで記者会見し、新型コロナウイルス感染拡大の影響でトップリーグ(TL)の開幕が2月20日に延期されたことを受け、リーグの感染症対策を強化する方針を示した。私的な会食など競技以外での選手の行動管理の徹底を各チームに求める。

 1月16日に開幕予定だったTLは6チームで60人超の陽性者が出たことで延期された。感染が大きく…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集