「象徴であり、伝説であり、真のヒーローだった」 ボンズ氏、アーロンさんを悼む

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ハンク・アーロンさん=アトランタ・ブレーブス球団事務所で2010年10月5日
ハンク・アーロンさん=アトランタ・ブレーブス球団事務所で2010年10月5日

 米大リーグの歴史に残る大打者、ハンク・アーロンさんの訃報に日米の野球界からは悼む声が相次いだ。

 2007年にアーロンさんの記録を更新し、ジャイアンツなどで歴代1位の通算762本塁打を放ったバリー・ボンズさん(56)は自身のインスタグラムで、「彼は象徴であり、伝説であり、真のヒーローだった」とつづった。

 アフリカ系米国人のアーロンさんは、ベーブ・ルースの通算714本塁打の記録更新に挑んだ際、脅迫などの人種差別を受けた。ボンズさんは「逆境を乗り越え、先駆者として後のアフリカ系米国人選手の模範となってくれたことに感謝したい」と功績をたたえた。

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文452文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集