会話聞き取りやすく 窓口に対話支援機器 青梅市が導入 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
青梅市役所窓口に置かれた対話支援機器。職員がマイクで話し、利用者はスピーカーを自分の方向に向けて聞く=同市役所で
青梅市役所窓口に置かれた対話支援機器。職員がマイクで話し、利用者はスピーカーを自分の方向に向けて聞く=同市役所で

 青梅市は1月、耳の遠い高齢者や軽度の聴覚障害者とのコミュニケーションを円滑にするため、窓口などに6台の「対話支援機器」を導入した。

 マイクと指向性のあるスピーカーを組み合わせた機器で、マイクで話す職員の声が利用者がよく聞こえるようになる。利用者がスピーカーを自分の方に向ければ話の内容が他に漏れにく…

この記事は有料記事です。

残り189文字(全文339文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集