TPP早期復帰、米国が慎重姿勢 国内回復を優先

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 サキ米大統領報道官は22日、トランプ前大統領によって離脱した環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への早期復帰に慎重な姿勢を示した。協定内容を「より強化し、改善する必要がある」と説明。新型コロナウイルスで打撃を受けた国内経済の回復を優先し、通商協定は後回しになるとの方針を改めて示した。

 サキ氏は記者会見で「バイデン大統領は協…

この記事は有料記事です。

残り57文字(全文221文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集