競泳 北島杯 池江、五輪へ望み 女子100自4位

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子100メートル自由形で4位となった池江=代表撮影
女子100メートル自由形で4位となった池江=代表撮影

 競泳の北島康介杯第2日は23日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子400メートル個人メドレーは2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの萩野公介(ブリヂストン)が4分13秒91で優勝した。女子400メートル個人メドレーは19年世界選手権銅メダルの大橋悠依(イトマン東進)が4分37秒22で勝った。白血病で長期療養していた池江璃花子(ルネサンス)は女子100メートル自由形に出場し、55秒35で4位。東京オリンピック代表選考会を兼ねる4月の日本選手権の参加標準記録をクリアした。

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文879文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集