大相撲初場所 大関復帰視野に 照ノ富士10勝目

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

14日目(23日・両国国技館)

 照ノ富士が、大栄翔と優勝を争う正代の前に立ちはだかった。

 いなされ、もろ差しを許し、押し込まれても踏ん張った。背中を向ける場面もあったが、191センチ、173キロの巨体をくるりと1回転させて最後は正代をはたき込んだ。12日目には朝乃山に快勝し、2大関に土を付け13勝で…

この記事は有料記事です。

残り111文字(全文261文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集