大相撲初場所 大栄翔、初Vへ先行 流れで反応、攻め進化

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

14日目(23日・両国国技館)

 身を包む大きな拍手にも表情を変えず、千秋楽だけを見つめた。大栄翔が最終盤で単独首位に立った。初優勝の重圧にも、正面から立ち向かっている。

 けれん味のない突き押しが持ち味の力士同士の一番。ベテランの玉鷲相手に正面からぶつかった。「立ち合いが勝負。先に攻め続けよう」。のど輪の応酬となったが、じりじりと攻め立てる。俵に足を掛けた玉鷲に盛り返されるも、「流れで反応できた」とすかさずはたいた。土俵に一本残した…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文543文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集