さながら「野外フェス」 インドで2カ月続く農民デモ 農業改革の新法に反発

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
封鎖された高速道路で座り込みを続ける農民=首都ニューデリーと北部ハリヤナ州の州境付近で2021年1月23日、松井聡撮影
封鎖された高速道路で座り込みを続ける農民=首都ニューデリーと北部ハリヤナ州の州境付近で2021年1月23日、松井聡撮影

 インドで農作物取引を自由化する新法に対する農民の抗議デモが、約2カ月間続いている。デモ現場の一つである首都ニューデリーと北部ハリヤナ州の州境付近では、警察が封鎖した高速道路に農民数万人がトラクターなどで駆けつけ、荷台やテントで寝泊まりしながら座り込みをしている。政府は農民側と協議を重ねているが、事態打開の兆しは見えない。

 「新法によって農作物は買いたたかれる。(デモで体に負担がかかり)これまでに参加者150人が亡くなった。彼らの犠牲を無駄にしないためにも、法律が撤回されるまで闘い続ける」。主催者の一人で農民団体幹部のサトナム・シン・パヌさん(65)は23日、デモ現場でこう主張した。

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文734文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集