「寒中水行」高野山で心身清め 気温4度、白衣姿で読経 和歌山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 高野山真言宗の信者らが24日、和歌山県高野町の高野山奥之院の「水行場」で、身を清める「寒中水行」を実施した。

 水に入ったのは奈良県川上村の宝寿院の副住職、辻田真海さん(60)と20~50代の信者ら計8人。気温、水温共に4度で雨が降る中、8人は白衣姿で合掌して約15分間、般若心経を唱えた。宝寿院は1…

この記事は有料記事です。

残り76文字(全文226文字)

あわせて読みたい

ニュース特集