平幕の大栄翔が初優勝 大相撲初場所 埼玉出身力士で初

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
初優勝し八角理事長(手前)から賜杯を授与される大栄翔=東京・両国国技館で2021年1月24日、西夏生撮影
初優勝し八角理事長(手前)から賜杯を授与される大栄翔=東京・両国国技館で2021年1月24日、西夏生撮影

 大相撲初場所千秋楽は24日、東京・両国国技館で行われ、西前頭筆頭・大栄翔(27)=本名・高西勇人、埼玉県朝霞市出身、追手風部屋=が西前頭5枚目・隠岐の海(35)を降し、13勝2敗で初優勝した。昨年7月場所の照ノ富士以来の平幕優勝で、優勝制度が確立した1909(明治42)年夏場所以降、埼玉県出身力士の優勝は初めて。追手風部屋…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文409文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集