「6秒台が出るとは…」伸び盛り19歳、男子200平優勝・佐藤「世界新」誓う

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子200メートル平泳ぎ決勝を、日本記録に肉薄して制した佐藤翔馬=東京辰巳国際水泳場で2021年1月24日、梅村直承撮影
男子200メートル平泳ぎ決勝を、日本記録に肉薄して制した佐藤翔馬=東京辰巳国際水泳場で2021年1月24日、梅村直承撮影

 競泳の北島康介杯最終日は24日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子200メートル平泳ぎは19歳の佐藤翔馬(東京SC)が2分6秒78の好タイムで優勝し、100メートル平泳ぎとの2冠を達成した。

 伸び盛りの19歳が、大きな可能性を感じさせる泳ぎを披露した。日本記録に0秒11差に迫った佐藤は「ここは(日本記録を)切っておきたかったが、(2分)6秒台が出るとは思っていなかった。思っている以上に成長している」とうなずいた…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

あわせて読みたい

注目の特集