新たに3人感染 コロナに振り回された初場所、大阪で開催予定の春場所も綱渡りか

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
両国国技館=東京都墨田区で、本社ヘリから
両国国技館=東京都墨田区で、本社ヘリから

 初場所千秋楽の24日、日本相撲協会は九重部屋で新たに幕下以下の力士3人が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。これまで陰性だった10人を再検査したところ、一部が陽性だったという。場所前に横綱・白鵬や九重部屋での集団感染が判明するなど、新型コロナの影響で計4部屋の力士65人が初日から休場。最後まで新型コロナに振り回された初場所だった。

 九重部屋では初場所前のPCR検査で前頭・千代翔馬や十両・千代鳳ら力士4人の感染が分かり、所属する全力士が初場所を休場した。場所中には師匠の九重親方(元大関・千代大海)ら10人の感染も判明し、今回の3人を合わせて感染者は計17人に達した。

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文525文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集