土俵際の逆転不発で正代4敗目 行司と重なる不運、目立った「危ない相撲」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
朝乃山(右)に押し出しで敗れた正代。左は交錯した立行司の式守伊之助=東京・両国国技館で2021年1月24日、西夏生撮影
朝乃山(右)に押し出しで敗れた正代。左は交錯した立行司の式守伊之助=東京・両国国技館で2021年1月24日、西夏生撮影

 大相撲初場所千秋楽は24日、東京・両国国技館で行われた。

 両横綱不在で、結びで巡ってきた大関対決。千秋楽まで優勝の可能性を残していた正代だったが、朝乃山に完敗した。取組前に大栄翔の平幕優勝が決まり、「集中し直して」土俵に上がったはずだった。だが、今場所で再三見せた土俵際での逆転劇も不発に終わった。

 立ち合いで当たり負けると、一気に押し込…

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文363文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集