連載

アートの扉

国内各地の美術館が所蔵するイチオシの作品や、特設展の見どころを紹介します。

連載一覧

アートの扉

発見!お宝 横浜美術館/2 ジャスパー・ジョーンズ 標的 「描く」ことへのこだわり

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
1974年 スクリーンプリント、紙 縦88・6センチ、横69・6センチ 横浜美術館蔵 (C)Jasper Johns / VAGA at ARS, NY / JASPAR, Tokyo 2020 C3415
1974年 スクリーンプリント、紙 縦88・6センチ、横69・6センチ 横浜美術館蔵 (C)Jasper Johns / VAGA at ARS, NY / JASPAR, Tokyo 2020 C3415

 ジャスパー・ジョーンズは、1958年から現在に至るまで、アメリカのアートシーンの第一線で活躍する画家である。デビュー当初から射撃訓練用の標的や、星条旗、1から10までの数字など、西洋絵画の伝統を覆すようなモチーフを描き、美術界に大きな衝撃を与えた。

 60年代になると、作家は自作の絵画や彫刻をもとにした版画を制作するようになる。「標的」はその典型作の一つで、もとになった絵画はセゾン現代美術館(長野県)が所蔵している。

 本作に使われているスクリーンプリントという技法は、金属や木製の枠に張られたスクリーンを版として画面を構成する版画技法の一種である。ジョーンズは、スクリーンに手描きする手法で27枚もの版を制作した。それらの重なりでできた画面は、まるで紙に直接描いたものではないかと錯覚させるほど緻密だ。画面の所々にしたたるインクの表現も特色で、均質に絵柄を刷ることができるこの技法でも、「描く」ことにこだわる作家の強…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文939文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集