見て、食べて、感謝して 高崎タカシマヤ、ショコラの祭典 28日から、93ブランド /群馬

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
糖質の吸収をゆるやかにするロイスダールの「ケークオショコラ」=群馬県高崎市で2021年1月19日、佐藤伸撮影
糖質の吸収をゆるやかにするロイスダールの「ケークオショコラ」=群馬県高崎市で2021年1月19日、佐藤伸撮影

「コロナ対策」キーワード

 高崎タカシマヤはバレンタイン商戦として、「アムール・デュ・ショコラ」を28日から2月14日まで開催する。「新型コロナウイルス感染拡大防止」をキーワードに販売ブースや商品を配置し、買い物客を呼び込む。

 「年に一度のショコラの祭典」として、今年で開催5回目。フロア面積は昨年同様630平方メートルだが、出品数を110ブランドから93ブランドに減らし、通路幅と各販売ブースの間隔を広めに取ってソ…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文518文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集