自然のもと、生きる力を 野迫川小・中、山村親子留学募る /奈良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
山村留学を受け入れる野迫川小・中学校=野迫川村で2020年12月14日午後3時、高田房二郎撮影
山村留学を受け入れる野迫川小・中学校=野迫川村で2020年12月14日午後3時、高田房二郎撮影

 野迫川村は、小学1年~中学2年の児童生徒と保護者を対象にした「山村親子留学」を全国から募っている。豊かな自然環境のもとで伸び伸びと学び、たくましく生きる力を育んで、とPRしている。

 同村では現在、小学生4人、中学生2人の計6人が、村立野迫川小・中学校の一体校舎で学んでいる。小規模校だが複式学級ではなく、学年ごとに授業が行われている。

 山村留学は、都会などの子どもに豊かな自然の中での教育を提供する一方、少子化が進む過疎地の活性化につなげる狙い。2020年に、NPO法人「全国山村留学協会」(東京都)に登録し、ホームページなどで募集を始めた。

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文621文字)

あわせて読みたい

ニュース特集