塩生キャラメル大福、誕生 「伯方の塩」と短大生共同開発 /愛媛

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
共同開発をした大塚茉未さん(左)と宇都宮志保さん=松山市桑原の松山東雲短大で2021年1月20日午後5時2分、斉藤朋恵撮影
共同開発をした大塚茉未さん(左)と宇都宮志保さん=松山市桑原の松山東雲短大で2021年1月20日午後5時2分、斉藤朋恵撮影

 「伯方の塩」で知られる伯方塩業と松山東雲短大(いずれも松山市)食物栄養学科2年生らが「塩生キャラメル大福」を共同開発した。「若者が食べたいと思うような洋風の大福」がコンセプト。学校近くの菓子店「亀井製菓畑寺店」で3月末まで販売する。一つ200円。

 開発したのは伯方塩業と提携する同科・塩ゼミに所属する…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文379文字)

あわせて読みたい

注目の特集