連載

風知草

世論は風だ。でも世論とは何だ――。永田町を知り尽くす山田孝男特別編集委員の政治コラム。

連載一覧

風知草

ワクチンをめぐって=山田孝男

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
絵・五十嵐晃
絵・五十嵐晃

 新型コロナウイルス対策のワクチン、分からないことだらけである。

 にもかかわらず、河野太郎・行政改革担当相の指揮の下、<1億総接種>を急がなければならない――ということらしい。市中感染の急拡大を抑え、医療崩壊を食い止め、新しい時代の扉を開くために。

    ◇

 20日、田村憲久厚生労働相が、米ニューヨークを本拠地とするグローバル製薬企業「ファイザー」との間で、今年中に、約1億4400万回分(約7200万人分)のワクチン供給を受ける契約を正式にかわした――と発表した。

 新型コロナが出現した直後の昨春、ワクチンの開発は「1年では無理」と言われていた。それがなぜできたのか。首都圏の大学で研究する免疫学の専門家に聞くと、これには今年のノーベル医学・生理学賞確実とみられる人物が絡む――というから驚いた。

この記事は有料記事です。

残り998文字(全文1348文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集