連載

人生100年クラブ

人生100年時代を迎えつつある今、「長い老後」への不安が高まっています。備え方や暮らし方を探ります。

連載一覧

人生100年クラブ

マネー編 コロナ給付金、課税に違い 「暮らし」と「事業」で区分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
コロナ対策の給付金「課税と非課税」の扱い
コロナ対策の給付金「課税と非課税」の扱い

 <くらしナビ ライフスタイル>

 新型コロナウイルス感染症の対策として、国や自治体からさまざまな給付金が個人や事業者に支給されている。苦境にある人への支援だが、給付金ごとに課税か非課税かの取り扱いが異なる。なぜだろうか。

 ●法で定める非課税

 原則から確認しよう。個人が得た経済的利益である所得には原則として所得税がかかる。ただし、社会政策上、特定の所得は非課税となり、所得税法第9条でその項目を挙げている。「心身または資産に加えられた損害について支給を受ける相当の見舞金」「学資として支給される金品」などだ。

 これに該当しない給付金は、原則として所得税の対象となるが、別に法律で定めた場合は非課税になる。

この記事は有料記事です。

残り1686文字(全文1988文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集