新型コロナ感染予防 予算委でアクリル板越しの論戦 金田委員長が提案

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会で答弁する菅義偉首相(手前)。新型コロナウイルス対策で演台の前には飛沫防止のアクリル板が置かれた=国会内で2021年1月25日午前9時4分、竹内幹撮影
衆院予算委員会で答弁する菅義偉首相(手前)。新型コロナウイルス対策で演台の前には飛沫防止のアクリル板が置かれた=国会内で2021年1月25日午前9時4分、竹内幹撮影

 衆院予算委員会は25日から始まった基本的質疑で、新型コロナウイルスの感染予防の一環で答弁者が立つ演台の前にアクリル板を設置した。高さ2メートル、幅1メートル、厚さ1センチと大型で、各党の質問者はアクリル板越しに菅義偉首相との本格論戦に臨んだ。21日の予算委理事懇談会で金田勝年委員長(自民党)が設置…

この記事は有料記事です。

残り116文字(全文266文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集